マイコ牛
こんにちは

タイトルのマイコ牛とはどんな牛でしょうか!

舞妓さんに関係があるんじゃないかと思った人

(`・ω・´)ノハイ!

たしかに可愛らしい姿なのですが
この写真の牛が、マイコちゃんです。




首をかしげていますよね。

いつも首曲りの状態なのですが、これは小さい時(哺育期)にマイコプラズマという菌に感染して中耳炎になったからです。




中耳炎の名残りで首は曲がっていますが、治ってしまえばとても元気です。
ちなみにこの牛は、増体不良で隔離しています。現在は食べ方もよく元気です。

マイコプラズマにかかった首まがりの牛は、なんだかちょっと可愛いです。
首をかしげて上目使いで^^


最近、春めかしくなりましたが
暖かいのと寒いのが交互にきてますね。

牛達の様子は、敷料を新しくしてもらって気持ちよさそうです。



寝ながら反芻したり


本格的な春が待ち遠しいですね。


それにしても、一年が早い
もうすぐ春、3月もあっという間に過ぎますね。

それではこの辺で!また次回!
| - | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
畜魂祭
お久しぶりです!

9月29日は、畜魂祭がありました。

沢山の方々からご焼香いただきありがとうございました。






牛は最後お肉になりますが

それを悼み、感謝することを
毎年、畜魂祭で感じさせられます。

毎日、牛をみて餌をやって
いずれは出荷されていきます

しかし普段、今から肉になるんだなと悲しい気持ちになることは、ほとんどありません。

ですが
畜魂祭の当日と
鼻環をうたれて家畜車に乗せられる牛を見るときだけは
少しさみしい気持ちになります。

まだ若い私がじんとくるなら、ベテランの方々の思いはひとしおだと思います。


畜魂祭のあとは、懇親会ということで

お肉や料理が振る舞われました。








今年は、お肉がちょっと足りなかったと

鉄板係りからも話が聞こえてきました。

今年は、本当にお肉が余りませんでした。

皆様のお腹がふくれて満足だったらよいのですが


今年も、楽しく美味しく懇親会で
ご歓談いただきありがとうございました。

これから、どんどん寒くなりますが
人も牛も体調に気をつけてください。

それでは、また次回!
ありがとうございました


 
| - | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
いわて生協花巻店
こんにちは!

花巻新店舗の生協にて

キロサの牛肉販売促進ということで催しがあったので

今回はそれを紹介します!




当日は、牧場の女性社員一人と米久盛岡支店から
それぞれ応援人員が出ました。






試食コーナーもあったようですね。

みなさんに食べてもらって

「これ美味しいな」と思ってもらい気にいってもらえると嬉しいです。


ホルスタイン種と黒毛和種の掛け合わせ「一代交雑種」ですので

値段は割とお得になっています。といってもやはり牛

なかなかお高いと思ってしまうのが庶民のさがですよね
^^;

ですが、なかなか評判がいいそうで

みなさん、美味しい、いい肉だと
おっしゃってくれるそうで、牧場で生産している私たちも嬉しくなります。

キロサのブランドを守るため、現状に満足することなく

常に、枝肉成績の向上、事故の低減、肥育・哺育日数を削減してスムーズに出荷することなど努力していきたいと思います。

そのためにも、牛にストレスを与えず、色々なことを牛目線で考え

業務にあたりたいと思います。いい牛をつくりたいと思います。




「いわて牛」「めんこい黒牛」「みちのく奥羽牛」
など見つけて
「キロサの肉だ!」と思ってもらえれば嬉しいです。
応援よろしくお願いします。

お知らせですが
9月にマイヤ盛岡店(3店舗ありどの店舗になるかわからないのですが…)
10月にマイヤ花巻店で、店頭にて販売協力をします。


それでは、また次回
お楽しみに!

 
| - | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
夏のキロサ
いつもブログを読んでくださっている皆さん

こんにちは!

今年の岩手の夏は、蒸し暑いですね。

毎日、汗だくで仕事をしております。

しかし、夏はこれくらいの方が健康にいいかもしれませんね。


さて話は変わりますが

キロサのブルーベリーの木と




花の写真です。このあたりではハナビというそうです。




花壇の花も根付いてよく育ちました。

方言でいうと「よくおがったな」です。

(大きくなったの意)





上の写真の奥の牛舎ですが

隔離牛舎で、病気の牛を入れます。


中はこのようになっています。






広々していて気持ち良さそうですね。

この中には肺炎の牛もいますが
肺炎牛は群飼いをしていると症状が悪化していき

餌を食べる量が減るため(増体しなくなる)
きちんと隔離して、安静にさせることが大切です。

そうすれば、症状は落ち着いていき
無事出荷にこぎつけることができます。


肺炎がきまってしまうとなかなか…
手を尽くしても
手遅れになってしまうので

早めに対処することが(どの病気に対してもですが)大切です。


ちなみに、こちらは普通の牛舎です。




牛の不調は、給餌中が一番見つけやすいので

給餌担当がしっかり見回りをして、餌食いを確認していきます。

自分に、そう言い聞かせて事故(死亡など)を出さないように頑張っています。


生き物をあづかうことは不測の事態もあり、時に難しさを感じます。

又は、確認“不足”の事態

事故があった際、色々な反省がありますが
大きな反省があるのは、不足の事態なのだと思います。


より牛に対する経験、知識がある人の方が


病気の早期発見、適切な対処ができるので

そこを目指して励んでいきたいと思います。

牛たちに毎日元気をもらって


また次回、お楽しみに!

 
| - | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
牛を見るのは飽きない


みなさん、こんにちは。

今年も暑い季節がやってきましたね

冷たいビールが美味しい季節ですね^^


今日は、いろいろ牛の写真を撮ってきました。



これは、私のヤッケをかじる子牛です。

まだ、市場から導入されて2日くらいしか経ってないのに、ずいぶんと懐こいスモールです。

農家さんの方で、優しく育てられたのでしょうか?

導入して間もない子牛のほとんどは、見知らぬ環境でびくびくしているのですが…

今回導入された牛は皆、人を信頼しているようです。







そして、このウォーターカップで水を上手に飲んでいるのが

哺乳がおわったばかりの育成初期の牛です。

最初は、ウォーターカップの使い方を知らないので

何度も水を出して見せたり、水をいっぱいに張っておいたりします。

そのうち、ひとりで飲める子牛が増えていき、仲間で教えあうのでしょうか?

どんどんできるようになっていきます。







興味があるからか、人がいるとすっ飛んできます。

今回も水を飲んでいる牛の横からひょっこりと出てきました

いやー、おもしろいやつらです。世話をしていて飽きないですね。




下の写真は先日、岩手牧場の哺育から肥育にあがった牛たちです。

肥育と哺育は、同じ敷地内にあるので

振替え時の、移動ストレスがかかりません。そして、哺育から肥育まで一貫して見られるので

感慨もひとしおです。たまに、「おう!元気か」と声をかけに行きます^^






そして、向かいの房にいる大きい牛たち

大きい牛ものんびりしていて、子牛とはまたちがった可愛さがありますね。





それでは、この辺で。また次回よろしくお願いします!

| - | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
     PROFILE
 リンク
     CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
SELECTED ENTRIES
     カテゴリー
ARCHIVES
新着コメント